お出掛け時の離乳食は常温保存できるものが便利!

離乳食は、栄養面も気になりますが、衛生面も大切に

親にとって、可愛い我が子の離乳食は、子どもの成長の事を考えて栄養のあるものを食べさせてあげたい、と思うものです。

もちろん、普段の自宅での食事は、栄養の事をしっかりと考えてあげて、バランスの取れた食事を心がけることが大切です。

ですが、外出時となると、なかなかそれは難しいです。

旅行で数泊するなどということがなく、日帰りのお出掛けなんかであれば、離乳食は、栄養も考えつつ、持ち運びの便利さ、また、気温が高いところに行く可能性も考えて、衛生面を考えて離乳食を選ぶことが大切になると思います。

汁物は控えること

離乳食の初期は、水分たっぷりでドロドロの状態のものが多くなってしまいます。

水分たっぷりの離乳食というのは、持ち運ぶ際に、持ち歩いている容器からこぼれてしまうという可能性もありますし、何と言っても衛生面が気になります。

水分が多い分、雑菌が繁殖しやすく、まだ内臓機能の未熟な赤ちゃんには、それを食べたことで調子が悪くなるかもと思うと、お出掛けで持ち歩く離乳食には気を使わないといけません。

そんなとき、手作りの離乳食にはこだわらず、この時期には、スーパーやドラッグストアで販売されている離乳食のセットを購入するのがとても便利です。

離乳食の初期から食べられるものが販売されていて、パウチタイプや瓶、スプーンまでセットになっている便利なものまであります。

これらは、赤ちゃんにあげるための基準をしっかりと守られていますし、栄養もしっかりとあります。

外出する場所もどこでも大丈夫ですし、この時期の赤ちゃんの食べられるもというのは限られているので、市販のものがどのような固さをしているのかというのも確認できますし、外出時には、市販の離乳食がとても便利です。

常温で運べるフルーツや、水分の少ない野菜がおすすめ

離乳食の初期が過ぎれば少しずつ固形のものも食べられるようになります。

まだまだ、味付けなどはできなかったり、歯茎で噛める固さの物しか難しかったりする赤ちゃんには、フルーツではバナナや野菜ではカボチャなんかがおすすめです。

どこでも買えるので、準備もすぐにできる

常温で持ち運びができるバナナなどのフルーツであれば、家から持っていくのを忘れたとしても、スーパーやコンビニでも購入することができます。

赤ちゃんも好きな味ですし、皮付のまま持ち運べば変色をすることもありません。

カボチャやサツマイモなどの水分の少ない野菜であれば、そのまま食べるのはまだ赤ちゃんには難しいという場合は、片栗粉とお水を混ぜて焼いて、お焼きのようにしてしまえば、比較的モチモチとして、食べやすくなります。

手掴み食べできる、お麩も便利

お麩と聞くと、お味噌汁に入っていたり、すき焼きに入っていたりという、水分を含んで柔らかくなった状態のものを想像する方が多く居ると思います。

ですが、このお麩、離乳食でとても便利なのです。

お麩は栄養満点で、かつ、お砂糖が使われていません。

離乳食の早い段階からすりおろしてお湯でふやかして食べさせられる食材です。

小麦粉からできているので、小麦粉アレルギーのお子さんには難しいのですが、アレルギーがなければとても役立つ食材です。

小腹を満たすおやつにも

お麩というのは、食事としても取り入れられますが、容器に入れて持ち歩けば、おやつとしても利用することができます。

お出掛けの歳、子どもがグズってどうしようもないとき、お腹が減ってきているけど、ご飯をまだあげられない、等というときに、お麩を持ち歩いていれば、手が汚れることもなく、カリカリと歯が前歯さえ生えていれば噛むことができます。

甘いお菓子をあげすぎたりするのは心配になりますが、お麩ならば食べさせ過ぎるのはいけませんが、子どもの機嫌がよくなるようにあげるという程度ならばとても助かります。

落としてしまっても、拾えば良いので、床が汚れてしまって拭くのが大変何てこともありません。

私自身、子どもが一歳になる前から、外出の歳、子どもの時間が遅くなりそうな時には、お麩を小さな容器に入れて持ち歩いていました。

まとめ

離乳食は、まだまだ、大人と違い薄味を心がけて固さも柔らか目でないと食べられない小さな子どもを連れて外出する際には親の悩むものだと思います。

ですが、子どものためにもお出掛けをして色んな物を見せてあげることは大切なので、離乳食で悩んで外出ができないとならないよう、外出の時は、栄養よりもお腹が膨れるものをというのを考えて、家に帰ってきてから、しっかりと栄養の事を考えて、食事の準備をしてあげれば良いのではないかと、私は考えています。

今では、離乳食の持ち込みができるお店もあるので、親と一緒にお出掛けをして、みんなで食事ができれば、子どもにとっても、とても楽しい思い出になると思います。

お出掛けの際は、手の汚れないもの、子どもが喜んで食べてくれるもの、というのが離乳食では良いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です