赤ちゃんの新型コロナウイルス感染の事例と報告、対策

赤ちゃんに関するニュース

コロナウイルスに感染した赤ちゃんは重症化しないのか?

0歳の赤ちゃんが新型コロナウイルスに感染した報告

親族が新型コロナウイルス感染症であり、その濃厚接触者であった母子がPCR検査をしたところ要請が判明した。
母親は無症状、0歳の赤ちゃんは38℃代の熱であるが症状は軽いとの報告。

新型コロナウイルスに感染している妊婦が出産して新生児が陽性で生まれた報告

新型コロナウイルスに感染した妊婦が出産したところ、生まれてきた新生児が陽性だった報告があります。
「その後の母子の状態は悪くない」とのことであり、陽性で生まれてきた赤ちゃんに現状問題は見られない様子。

海外ではコロナウイルスに感染した赤ちゃんは重症化の危険性ありと報告

1歳未満の赤ちゃんは10人に1人が重症化する危険性がある

子どもであれば新型コロナウイルスに感染しても軽症や無症状であるとの見解もあるが、1歳未満の乳児は肺の機能が未発達であることから、10人に1人が重症化する危険性があるとの報告もある。

中国のある小児例2143例では、1歳未満の乳児の重症化率は10.6%であることから危険であることが分かる。

赤ちゃんは新型コロナウイルス対策を十分に備えておくべき

ひかり先生

実際の統計情報でリスクを管理することも大切ですが、確率が0.1%でもある限りじぶんの赤ちゃんは守り抜きましょう。/say] [say name="まなママ" img="https://childaid.jp/wp-content/uploads/2020/01/manamama.jpg" from="right"]じぶんの子どもを守るために、コロナ対策をしておきたい…

赤ちゃんはマスクをすると窒息などの危険がありますので、極力避けたいところです。
なるべく外出は避けることで接触を減らしましょう。
また、母親が感染して子どもへうつる可能もあるので、母親も極力外出しないようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です